1day速読講座の内容

無理なく、速く読める。 “渡辺式”速読メソッド。

渡辺式速読トレーニングでは、速読において必要不可欠な「3つの要素」を効果的に鍛える、ステップアップ式トレーニングを行っています。

基本トレーニングから実際に書籍を高速で読むまで1ステップずつ丁寧にお教えしますので、速読は初めてという方も大丈夫です。

 

速読には、大きく分けて次の3つのタイプがあります。

  • 1、右脳を活用してページ全体を写真のように脳に写し取る、という「右脳・潜在意識系」速読
  • 2、視野を広げて一度に15~20文字程度を読み取る「視野拡大系」速読、
  • 3、大切な部分とそうでない部分とをメリハリをつけ、選択的に読む「飛ばし読み系」速読

詳細は、「速読ってホントのところどうなの?」という記事に詳しく書いてあります。

 

1day速読講座では、「視野拡大系」をベースにしながら「飛ばし読み系」も活用することで、短時間で効果的な読書術を身に付けることができます。

 

training 1文字をかたまりで捉える

本を読むのが遅い人は、どうしても一文字一文字丁寧に読んでしまいます。

速読の第一歩はこの癖をやめること。そのために数文字を一つのかたまりとして捉えることが重要になります。

 

とは言っても、実はそれほど大したことではありません。ちょっとしたコツをつかめば誰でも簡単にマスターできます。

 

 

training 2視野を広げる

文字をかたまりで読むことが出来るようになったら、今度はそのかたまりの文字数を増す、つまり視野を広げることが重要になります。

 

一般的に、どんな人でも3~5文字ぐらいまでは一度に認識できるのですが、その文字数を増やしていくのです。

10文字~15文字ぐらいまではそれほど難しくなくできます。これだけで、読書スピードは軽く上がっていきます。歩幅が小さいより大きい方が速く歩けるのと同じです。

 

このトレーニングは速読の練習に適した文庫本を使って行います。

 

training 3スピードを速める

文字を固まりで捉え、その文字数を増やしたら、スピードを上げていくトレーニングを行います。

この時に重要なのが、「理解できる限界スピードを少し超えたスピードで読み込む」こと。

 

このスピードで読み込むことによって、理解できるスピードが上がっていきます。

逆に言うと、理解できるスピードの範囲内で何をどうトレーニングしても、スピードは上がりません。

 

この、「理解できる限界スピードを少し超えたスピード」は、最初は自分ではなかなか分かりづらいので講師がガイドしていきます。

 

速読に限らず、どんな技術でもスポーツでも、「自分の限界を少し超えたところ」でトレーニングすることが、上達への近道なのです。

 

 

1day速読講座~7つのチェックポイント

  1. 1、4時間で完結!何日も教室に通う必要はありません!
  2. 2、受講料は8,800円+税
  3. 3、習得が困難な「右脳速読(イメージ処理)」ではなく、誰でもできる「左脳速読(言語処理)」。
  4. 4、理解が落ちる「黙読しない速読術」ではなく、理解度を保った「高速読書術」。
  5. 5、夢のような「1冊10分」ではなく、「1時間~1時間半で1冊」という現実的速読。
  6. 6、少人数制のきめ細かい徹底指導。(定員8名。講師が直接丁寧に指導。)
  7. 7、充実のアフターフォロー。(動画講座、無制限メールサポート等。)

poin 14時間で完結!。何日も教室に通う必要はありません!

今までの10倍とか分速何万文字とかを目指すのなら何日も速読教室に通う必要があるかもしれませんが、「読むスピードを1.5倍~2倍にしたい」、「読みやすいビジネス書1冊なら1時間程度で読めるようにしたい」というレベルの速読なら、4時間の集中トレーニングと、普段の読書習慣で充分身に付けることができます。

poin 2受講料は8,800円+税

速読を受けたいと思っていても受講料が高くて躊躇していませんか?

1day速読講座の受講料は8,800円。 高価なトレーニング教材を購入する必要もありませんし、十数万するような高額な講座に勧誘することもありません。

poin 3習得が困難な「右脳速読(イメージ処理)」ではなく、誰でもできる「左脳速読(言語処理)」。

あなたも、もしかしたら「右脳のイメージ処理能力や潜在意識を活用して、1冊を10分で読む」という類の速読に興味を持っているかもしれません。実は私もかつてそのような速読講座を受けました。

しかし、1冊を10分で本を「見て」いくことはできてもさっぱり理解できないのです。 「潜在意識は理解している」とインストラクターは言うのですが、読み終わった直後に本の内容についてさっぱりわからないのが、はたして読書と言えるのでしょうか?

結局、右脳による速読の習得には限界を感じ、様々な読書術や速読を改めて研究した結果、200ページぐらいの本1冊を1時間程度でしっかりと理解しながら読む速読を独自に編み出しました。この速読は、「普通の人が普通に持っている本を読む能力」、つまり左脳の持つ言語処理能力を少し伸ばしていくだけなので、誰でも簡単に今までの1.5倍~2倍の速読を身に付けることができるようになります。

poin 4理解が落ちる「黙読しない速読術」ではなく、理解度を保った「高速読書術」。

「普通の人が普通に持っている本を読む能力」というのは、簡単に言うと「文章を読む時に頭の中で文字を読み上げる(黙読する)」ということです。恐らくあなたもそのようにして読んでいるのではないでしょうか?(今この文章を読んでいる時に、頭の中で読み上げていると思います)

多くの速読では、まずこの「黙読」を否定するところから始まります。「黙読をするとどうしても読むスピードが遅くなるから黙読はしないようにしましょう」と、当たり前のことのように大抵の速読は教えています。

確かに、1ページ10秒以下で読むようなスピードでは、黙読をしていると読めません。しかし、逆に言うとそのスピードまでは黙読をしても読むことができます。

ポイントは、「黙読をしない」のではなく「高速で黙読をする」ことです。

poin 5夢のような「10分で1冊」ではなく、「1時間~1時間半で1冊」という現実的な速読。

読書スピードでいうと一般的な人は1分間あたり500~700文字程度で文章を読むことができますが、当速読講座でお伝えする「コツ」を身につければ1分間1200~1500文字はすぐに到達しますし、講座でまずはこのスピードを目標にして頂きます。一般的な200ページ前後の本を1時間半程度で読めるスピードです。あとは少し家で復習トレーニングを積めば、すぐに1分間2000文字は達成するでしょう。

そして、最終的に目標として頂きたいスピードは1分間2500~3000文字です。200ページ前後の本なら1時間以内で読み切る速さであり、このスピードが、普通の人が速く読んでなおかつきちんと理解できる限界です。 この「1分間3000文字」の上にとても大きな壁があるのです。また、このレベルに到達するにはそれなりのトレーニングが必要になります。

ただし、これはあくまでも「全文をしっかり読む」ことを前提にした速読です。プライベートレッスンでお伝えする読書術を活用することで、なじみのある分野の本でしたら 1冊を10分~30分で読むということも充分可能です。

poin 5少人数制のきめ細かい徹底指導。(「基本の速読講座」は定員8名+個別レッスン)

速読というのは、極めて実践的かつ体感的なものです。ある意味スポーツと同じ。最初はしっかりとコーチがついて手取り足取り「型」を身に付ける必要があるのです。そのために、1day速読講座では定員を8名とし、一人ひとりに本を読む姿勢から本の持ち方、目の動かし方など、しっかりとお伝えします。

疑問点があった時にすぐに解決できるのも、web講座ではなく対面の講座ならではです。

poin 5充実のアフターフォロー(無料再受講・無制限メールサポート等)

1日の基本講座で基本は身につけて頂けますが、自分で本を読み込むことも必要です。しかし、時間が経つにつれて講座で学んだことを忘れてしまったり、どうしてもうまく行かないとかよくわからない、ということもあるかもしれません。

でもご心配なく。

講座の内容を収録した動画講座(3,800円)をプレゼントしますので、そちらで復習できますし、不明な点があったらいつでもメールでご相談を受け付けています。

 

 

効果が感じられなければ全額返金します

読書スピードを上げるための、徹底的に絞り込んで結果がでるカリキュラムを作り、充実したアフターフォローも用意していますが、「どうしても自分には合わない」という方もゼロではありません。これまでも、2000人以上指導してきましたが、20名ほどは「効果が無かった」と書かれています。

そのような場合は、無条件で返金させて頂きます。

なので、まずは一度1day速読講座を試してみてください。

 

お申込み~受講までの流れ

受講スケジュールをご確認の上、お申込みフォームよりお申込みください。お申込みフォーム内にて受講日を選択できます。なお、お申込みの際には、事前に【必ずお読み下さい!】をご一読ください。

また、お申込みにあたり、ご不明な点等ございましたら、お問い合わせよりお気軽にご相談ください。

お申込み?受講までの流れ

 

 

お申し込みはこちら お問い合わせはこちら

※フォームでのお申込み・お問い合わせについては、原則24時間以内に回答します。

Top