速読術トレーニングの仕方

速読は特殊な能力ではなく、少しトレーニングすることで誰でも身に付けることができる、単純な「スキル」です。もっとも簡単で継続でき、効果が期待できる速読トレーニングとは?

 

こんにちは、これまで10年間に渡り、速読や読書術、勉強法を研究し自ら実践、教えてきました1day速読講座の渡辺篤志です。

ここでは、私自身が実践し、結果を出してきた速読のトレーニング方法をお伝えします。

 

速読トレーニングその1「文字をかたまりでとらえる」

 

速読をマスターする上でとても大切なのが「速読の3要素」です。

  • 1、文字をかたまりでとらえる
  • 2、かたまりを大きくする(視野を広くする)
  • 3、スピードを速くする

 

この3つの要素をトレーニングすることによって、速読はできるようになります。

 

1の「文字をかたまりでとらえる」と2の「かたまりを大きくする」は強く関連しています。

多くの人は本を読む時に、2文字~5文字程度のかたまりで文字を捉えています。

速読というのは、端的にいうとそのかたまりを10文字~15文字程度にまで広げて読むことです。

 

歩くときにも、歩幅が大きい方が速くあるけますよね。

それと同じだと思ってください。

 

そこでまず、1の「文字をかたまりでとらえる」なのですが、最初は少し感覚がつかみにくいと思います。

 

そこで、この感覚を身に付ける上で活用できるのが、マンガです。

マンガの吹き出しを一つのかたまりとして見ていくのです。

吹き出しには、それほど多くの文字が書かれているわけではありませんよんね。

1つの吹き出しに多くても5行程度、1行あたり多くても5文字程度です。2文字×2行ぐらいの時もあります。

 

しかも、基本的に会話で、そんなに難しいことは書かれていません。

 

よほど多くの文字が書かれていない限り、瞬間的にパッと見るだけで理解できてしまうと思います。

 

実は、これって速読そのものなのです。

 

「字を追わないように吹き出し全体を見る」というトレーニングをすることで、速読の要素の1つ、「文字をかたまりでとらえる」という感覚がわかってきます。

 

マンガである程度感覚がつかめてきたら、実際に本を読んでみましょう。あまり難しい本だとやはり感覚がつかみにくいので、軽いエッセイなど、改行が多く読みやすい本が適しています。

 

この時に、上から下に視線を流さないように気を付けてください。

 

句読点を参考に文章を意味のかたまりにわけ、その真ん中付近に視点を置き、かたまり全体を見るようにします。

 

例えば、上の文章は3つのかたまりに分かれていますが、最初のかたまりの中の「文章を」あたりに視点を置いたまま「句読点を参考に文章をかたまりにわけ」の全体を見るような感じです。

そこから、次の「その真ん中付近に視点を置き」というかたまりの真ん中にある「付近に」あたりに視点を置き、全体を見ていく。

このように、句読点を参考に文章をかたまりに分け、その真ん中から真ん中に視点が移るように見ていくのです。

 

句読点が無い場合は、10文字程度で、意味のかたまりで自分で分けてください。

 

最初は、文字数が多いと読み切れないこともありますが、ゆっくりでいいので、1行を3つか4つのかたまりにわけて見ていくというトレーニングをしてみてください。

 

速読トレーニングその2「視野を広くする」

 

文字をかたまりでとらえる感覚がわかってきたら、次に行うのが視野を広げるためのトレーニング。

先ほども書きましたが、普通の人は一度に2文字~5文字程度をひとかたまりでとらえるのですが、それを10文字~15文字ぐらいにまで広げるのです。

 

と言っても、やり方は「文字をかたまりでとらえる」トレーニングと同じです。

句読点を参考に意味のかたまりで1行を3つか4つに分けて文章を見ていきましょう。慣れてくると自然に視野は広がっていきます。

 

さらに広げるために、行の最初と最後に意識を置いて1行全部を1本の線のように見ていきます。読む必要はありません。

1行40文字全体を見るトレーニングをしていくことで、視野は確実に広がっていき、15文字程度までなら問題なく読めるようになってきます。

 

速読トレーニングその3「スピードを速くする」

 

文字をかたまりでとらえる感覚がつかめ、そのかたまりを大きくすることができるようになったら、最後にスピードを速くしていきます。

 

この時に大切なのが、自分が理解できるスピードを少し超えたスピードで読み込むこと。

どんな技術でもスポーツでも、トレーニングのキモは「自分の限界を少し超えたところで繰り返し行う」ことです。

速読もまったく同じで、理解の限界を少し超えたスピードで読み込むことによって、理解できるスピードがどんどん上がっていくのです。

しっかり理解できるスピードで読み込んでも、スピードは上がっていきません。

 

でも、これでは理解度が下がったままですよね?

そこで、スピードを速めていきつつ、理解度も深めるための「トレーニングメニュー」を用意しました。

 

この速読トレーニングを試してみてください

それでは、読書スピードを高めていくための実践的なトレーニング方法をお伝えします。

 

1、下読み

まず、比較的簡単で読みやすい本を用意してください。1章20~25ページぐらいがいいでしょう。

第1章を、1行3つのかたまりでの視点移動を意識して、自分の理解できるスピードを超えたスピードで一気に読みます。

この時、文章がしっかり読めてしまうと遅すぎ、まったく分からないのでは速すぎます。

かろうじて意味が取れる程度のスピードで読んでください。1ページ12秒、25ページを5分ぐらいのスピード感です。

 

100メートルを全力ダッシュするような感覚で読むことになるため、5分でもかなりの疲れがあります。

しかし、それこそが脳に適度な負荷をかけている証拠。

1日5分の全力ダッシュ読みでどんどん脳が鍛えられていきます。

 

2、本番読み

次に、下読みをした第1章を丁寧に読みます。1行3つのかたまりはそのままで、視点の移動スピードを遅くし、しっかり理解できるスピードで。

内容の理解を第一に考えます。

 

3、仕上げ読み

もう一度第1章の最初に戻り、下読みと同じぐらいか、それ以上のスピードで読みます。

2の本番読みで内容を理解しているので、かなりの高速で読んでも意味が取れると思います。

このトレーニングをすることで、速読の感覚を体に覚えこませるのです。

 

1~3のトレーニングを1日1章やってみてください。所要時間は20分~30分程度です。

とても単純で簡単ですが、効果は抜群にあります。

 

これを1冊、2冊、3冊やる頃には、読むスピードは確実に上がっているはずです。

しかも、単調な眼球トレーニングではなく、読みたい本を読むことで読書スピードが上がっていくので、挫折することもありません。

 

眼球のトレーニングは意味がない

速読のトレーニングというと、目を素早く大きく動かしたりする「眼球のトレーニング」をイメージされる方も多いと思います。

しかし、残念ながら目のトレーニングをいくらやっても速読ができるようにはなりません。

なぜなら、「目を速く動かす」ということと「文字を読んで理解すること」とはまったく別ものだからです。

 

例えば野球で考えると、走り込みを一生懸命やって足が速くなったとして、「野球がうまくなった」わけではありませんよね?

野球がうまくなるためには、ボールを投げたり取ったり打ったりする練習が必須です。

 

速読も同じで、高速で「文字を捉えて理解する」練習が必要なのです。

眼球トレーニングは、言わば「準備運動」のようなものだと思ってください。

 

速読はスポーツと同じ

 

速読は、特殊な能力と誤解されがちですが、そんなことはありません。

スポーツと同じように、トレーニングをすることで必ず習得できる単純な「スキル」です。

頭で理解し覚えるというよりも、「体得する」というイメージの方が近いかもしれません。

身体で覚えるスキルなので、一度身に付ければ忘れません。

 

しかし、どんなスポーツでも最初はコーチが必要です。

野球の教本を読んで自分で練習しても上達はしません。

スキルの習得には、プロによるフィードバックが必要なのです。

 

1day速読講座では、上記の「速読の3要素」を1日で徹底的に身につけ、一人でトレーニングできる状態にしていきます。

 

野球で言えば、バットの振り方をみっちり教えるからこそ、素振りができるようになるのです。

 

文字の捉えかたや目の動かし方などの基本からスタートし、実際に読みたい本を使って実践トレーニングまで1日で行います。

さらに、速読の3要素だけでなく、より効果的に本を読み生活や仕事に活かすための読書術、ノート術、アウトプット術も身に付けることができます。

速読の効果的なトレーニング方法を短時間でマスターしたい方は、ぜひ下記ボタンより詳細をご覧ください。

btn-sanyouso

Top