目標設定ワークショップのお知らせ

一年の目標を設定してもなかなか達成できない、そう、悩まれている方は多いと思います。「今年の目標はすべて達成できた!」という人の方が、圧倒的に少ないのでしょうか。

目標が達成できないのにはいくつも理由があります。

・そもそも無謀な目標だった
・目標を多く設定しすぎた
・日常の仕事が想定以上に忙しすぎた
・病気やケガなどで休まざるを得なかった
・環境の大きな変化があった

などなど。

でも、一番大きな理由は、「目標達成へのモチベーションが低かった」ということではないかと思うのです。「来年は〇〇をぜったいやる!」などと目標を立てても、それが本当に本心から出てきた目標でないと、たとえそれをやるのに充分な時間があっても恐らくできないと思います。

資格試験の勉強、ダイエット、運動、英語の勉強、など、「今年こそ」と毎年のように思っているのは、本当に本心からは望んでいないからだと思う。

でも、本当に本心からやりたいことというものがわからないという方も多いでしょう。これは恐らく、一般的に「将来の夢」と呼ばれるものです。「将来の夢は何ですか?」と質問されて、すぐに応えられますか?

どんな分野であれ結果を出している人は、まず間違いなくさっと応えられるでしょう。逆に、将来の夢がなく努力する方向性が定まっていなくて結果を出す事は極めて難しいと思います。何をどのように努力すればいいかわからないのですから。

でも、それでは「夢を持ちましょう」と言って、多くの場合「大きな家に住みたい」とか「年収〇千万にしたい」とか、世間一般的な「成功者」のイメージで考えてしまっていないでしょうか。なぜ大きな家に住みたいのか、それを考えた時に、その夢が本当に本心から出てきたものなのか、結局そこに戻ります。表面的な世界観だけで夢や目標を考えると、いつまで経っても同じ所に戻ってしまいます。なぜなら、その夢や目標を、自分自身で納得できていないからです。だから、まず最初にしなければいけないことは、「生きる目的」を見つける事です。「生まれて来た理由」と言ってもいいでしょうし、「自分がどのような存在でありたいか」とも言えるでしょう。

どのような人生を送りたいかを考える時に、とても参考になるのがベストセラー「7つの習慣」で紹介されている「自分の葬式の弔辞でどのようなことを述べられたいか」です。自分が死んだ時、あるいは死んだ後、人々の記憶の中にどのような存在として残りたいか。それがすなわち、どのように生きたいか、につながってくるのです。

自分が生きる目的が見えてきたら、そのために、「何をしたいのか」という、漠然とした「夢」が見えてきます。そして、「夢」が具体性を帯びて「ビジョン」となり、5年先ぐらいの「長期目標」が設定できるようになる。そして、そのためのマイルストーンとして2年~3年先の「中期目標」が鮮明に見えてきて、「今年の目標」が自然と設定されてくるのです。それを達成するために、月間、週間と細分化された目標を設定し、「今日のタスク」にまで落とし込まれる。

このようにして自分の人生というものを「死」という遠い将来から逆算して見る事で、今の一瞬一瞬が、ただなんとなく生きているのとはまるで違った重みを持ち、輝きを放ち始めます。仮に何かに失敗したとしても、それを「大切な経験」として活かせるようになるし、努力の方向も定まってくるので「社会人として〇〇ぐらいはできないと」というような外部から与えられた目標に対して無意味な努力をすることからも解放されます。

まずは、一日、じっくりと時間を取って自分の「生きる目的」を改めて見つめ、どのような人生を送っていきたいか、そのために2019年をどのような一年にするか、考えてみましょう。

12月23日日曜日、および2019年1月6日日曜日、池袋で目標設定ワークショップを行います。時間は13時~18時、参加費は10,000円(税込み)です。知識やノウハウを教えるセミナーではなく、実際にその場で自分の人生を過去から現在、未来と俯瞰して目標を作りこむワークショップです。1day速読講座主宰の渡辺がファシリテーターとしてフォローしますので、一人で考えるのとは違う視点で自分自身を捉えなおすことができます。

お申込みは下記のフォームから。

少人数(最大6名)で行いますので、今すぐお申込み下さい。

※個別コーチングによるプライベートセッションも承っています。5時間で30,000円(税込み)となります。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=882411246096a805

Top