よくいただくご質問

よくいただくご質問を集めました。こちらにお知りになりたい内容がない場合には、
お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォームからのご質問につきましては、原則24時間以内に折り返しご連絡いたします。

Q:速読はまったく初めてですが、身につきますか?
A:はい。必ず身につけることができます。当講座でトレーニングしている速読は誰もが普通に持っている本を読む能力を伸ばす方法であり、特殊な能力を開発しないとできないような高度なものではありません。習得するまでの時間は個人差があり、速読講座終了時には飛躍的に伸びている人もいれば講座受講後にトレーニングが必要な方もいますが、簡単でお金もかからないトレーニング方法を続けることで必ず身につけることができます。また、満足のいくスピードで読める様になるまで無料で何度でも再受講できます。
Q:他の速読講座は何か月もかかったりするのに、どうしてこんな短時間でできるのですか?
A:一つは速読のポイントを3つの要素に絞り込んでいることです。(詳しくは渡辺式1day速読講座とはをご覧下さい。)
理論的な話や自宅でもできるようなトレーニングは極力省き、速読をマスターするために必要かつ十分なトレーニングに絞り込むことによって短時間でマスターできるプログラムになりました。

もう一つは目指す速読のレベルが違うからです。多くの速読講座では1分間10000文字とか、1冊を10分とか、とてつもないスピードの速読を目指しています。それはさすがに短時間でできるものではありませんし、マスターするのは極めて難しいでしょう。1day速読講座が目指すのは、1分間あたり1500~2000文字のスピードで本を読めるようになることです。だいたい、一般的な200ページ程度の書籍なら1時間~1時間半で読み終わるスピードだと思って下さい。この程度の速読なら短時間で充分身に付けることができるのです。(トレーニングを続けることで1分間3,000文字は充分可能です。)

最後に、速読を学ぶために何日も、ましてや何か月もかける必要がないということを、私自身が知っているからです。私は一般的な200ページ程度の書籍なら、飛ばし読みなどをしなくても1時間程度で読むことができますが、何か月もかかる速読講座を受けたわけではありません。ということは、何か月もかかる速読講座は必要ないということです。
Q:速読というとどうしても怪しいイメージがあるのですが・・・
A:その不安は良くわかります。特に「右脳」だとか「潜在意識」という言葉が頻繁に出てくると怪しく感じてしまいますよね。はっきり申し上げて、「右脳でページ全体を見るように」本を読んで理解することなどできません。ごく稀にそういうことが本当にできる人はいますし、人間の潜在能力がとてつもないことを成し遂げることはまったく否定しませんが、普通の人が普通のトレーニングでできるようにはなりません。1冊を10分で読んでしまうとか1分間何万文字という速読はある意味超能力に近いものだとお考えください。1day速読講座でお伝えする速読は、普通の人が普通に持っている本を読む力を少し伸ばしてあげるものです。また、高速で眼を動かす訓練をひたすらするような速読もほとんど意味がないと思って下さい。なぜなら「どんなに速く目を動かすことができても速く読めるわけではない」からです。実際、私はそんなトレーニングはまったく行っていませんが1分間3000文字以上のスピードで読むことができています。

※なぜ潜在意識の活用で本が読めないかは簡単です。潜在意識というのは自分ではコントロールができない深い部分の意識です。右脳を使った速読で潜在意識に情報を取り込むことはできるでしょうが、それは顕在意識(コントロールできる通常の意識)では理解できないのです。潜在意識に取り込んだ情報がふとしたきっかけで顕在意識に上がってきて活用できることは確かにありますが、それで「本を読んだ」ことになるのでしょうか?読んだ時に何も頭に入っている気がしなくて「1ページを1秒で見ていく」というのはあまりにも強引だと思うのですが、いかがでしょうか?
Q:インターネットを検索すると速読の教材などがたくさん販売されていますが、効果はありますか?
A:申し訳ございませんが、私がそれらの速読の教材を使ったことがないので効果があるかないかは言えません。ただしこれだけははっきり言えますが、私はそれらの教材を一切使わずに速読をマスターしました。ということは、速読の教材など使わなくても速読はマスターできる、ということです。
Q:どんな方が参加していますか?
A:20代~40代ぐらいのビジネスパーソンの方が大半を占めます。男女比はほぼ同じです。(若干男性の方が多いです)目的は様々で、メールや仕事で必要な文書を速く読みたいという方、たくさん本を読んでスキルアップしたいという方、資格試験の勉強のために速読を身に付けたい方などです。高校受験や大学受験を控えた学生さんの参加もあります。
Q:小中学生でも参加できますか?
A:はい。小中学生でもご参加できますが、基本的には高校生以上が対象ですので、理解のフォローのために保護者の方と一緒にご参加ください。ただ、私の基本的な考えとして、小学4年生ぐらいまでは速読はせず、しっかりと声に出して読むことを徹底させた方が良いと思っています。
 
お申し込みはこちら お問い合わせはこちら

※フォームでのお申込み・お問い合わせについては、原則24時間以内に回答します。

Top