難しい専門書をどのように読むか

研究を職業にしている人ではなくても、それなりの専門書を読む機会はあると思いますし、いつも読みやすい自己啓発的なビジネス書ばかりではなく、読むのに骨が折れる専門書を読みこなすことで、「読む力」が鍛えられます。とは言っても、400ページ500ページもあり、しかも文字がぎっしりと埋まっていると、それだけで高い壁を感じてしまい読むのをためらってしまうかもしれません。そこで、難易度の高い専門書を読むためのコツをお伝えします。

まずは、少し邪道かもしれませんが、インターネットで読もうとする本の書評や感想、要約などを探して読んでみましょう。もちろん何も引っ掛からないこともありますが、ある程度話題になっている本であれば大抵見つかります。このような「書評ブログ」などで、本の概要を知った後、実際に本を手に取り、前書きや目次、あとがきを「丁寧に」読みます。本のメインとなるアイデアを明確にし、それをどのように述べているのか、ある程度の「ゴールと地図」を頭の中に描くのです。

これはいわば、その本の「芯」を作る作業。芯がしっかりと作れるとそれが磁石の役割を果たして、本を読み進めていく時に大事なポイントが自然に頭に残ってくるのです。洋書の翻訳本など、事例がひたすら続くことも多いですが、そのような時にも枝道に入らず、本の軸に沿った形で読み進めることができます。場合によっては、不要だと思う部分はバッサリとそぎ落としても構いません。

実際に読み進める時には、とても一日では終わらない量になりますので、次に読み続ける時に、「前回読んだところを軽く復習する」ということをしてみて下さい。見出しだけを軽く見直す程度で構いません。それだけで、続きをスムーズに読めるようになります。

専門書を読む時はノートづくりも大切になりますが、かといって内容をこと細かくメモする必要はありません。大切なキーワードやキー概念などを書き留めておくだけにし、それを見ながら自分の言葉で説明できるよう確認だけするようにします。あまりノートをしっかり取ろうと思うと読書のペースが極端に落ち、結局全部読み切ることができなくなるからです。ノートづくりはあくまでもメモ程度に、なるべく読むことに集中しましょう。

読み終わったら、すぐに目次を見直してどんなことが書かれていたかをさっと復習します。そして、できれば一週間後にまた目次に目を通す。これで、記憶への定着度も飛躍的に高まります。

Top