速読をする上でまず最初にするべきこと

本や新聞、あるいは仕事上の書類などを速く読みたい時、まず最初にやらないといけないことがあります。それは、読む目的を明確にすることです。なんのためにその本を読むのか、その本から何を学びたいのか。その文章の内容を、誰に、なんのために伝える必要があるのか。それらを、本を読む前に強く意識しておくのです。

学術書など一部を除いて、一般的な書籍は大事なところとそうでもない個所があり、スピードと理解度をコントロールしながら読むことが大切ですが、この「大事なところ」というのは、必ずしも著者が考えるものばかりではありません。「読んでいる自分自身にとって大事かどうか」という観点でも見る事ができます。

例えば分かりやすく、私が「読書術」の本を読むとします。読書術については、私自身講座を開いているぐらいですし、数えきれないぐらいに読んでいますので、私にとって大事な個所は「講座やブログのネタになるような新しい考えやメソッド」です。たとえ、著者が「本を読んだらアウトプットすることが大事」ということを一番に主張していても、私にとっては当たり前すぎて何ら新しい情報ではないので、しっかりと読む価値はありません。逆に、著者としては取るに足らないちょっとしたテクニックが、私にしてみれば「これは面白い!」ということもあるのです。

これは、私が読書術の本を読む時には「講座のネタになる新しい考え方やノウハウを見つける」という明確な目標があるためにできることです。この場合、ほとんど「本を読む」という行為はありません。見出しなどを観ながら新しいアイデアが書いていそうなところだけさっと読み、「面白い!」と思った部分だけコピーを取るなりノートにまとめるなりする。そうすると、一冊にかかる時間など10分から30分もあれば十分です。

逆に目的を定めず、ダラダラと読み始めてしまうと、不要なところまで無駄に丁寧に読んでしまい、いたずらに時間だけがかかってしまうということになってしまいます。

このような読み方は、特にノウハウ書・ハウツー本を読む時に威力を発揮します。明確な「目的」があり、その答え・処方箋が書かれているような場合です。自己啓発書や人生哲学などの本は「ここが大事」というポイントが絞りにくく、満遍なく「どこも大事」という傾向がありますし、読む目的も「強い心を持つため」など抽象的になることが多いと思うので、全文をしっかり読む方が適しています。

本の内容に応じて読み方を変えてみましょう。その為にも、読む前に「目的を明確にする」ことが大切になります。

Top