もっとも簡単な読書後のアウトプットの方法

ここ数年、「本を読んだらアウトプットしましょう」という読書術の本がたくさん出ています。本は読んだだけでは内容を十分理解したとは言えず、アウトプットしてはじめて理解することができるから、という趣旨のものが多いですね。

これはまさしくその通りです。どんなにしっかりと熟読しても、読んだだけではまず間違いなく内容を忘れてしまいます。でも、それではどのようにアウトプットすればいいのでしょうか?

ノート1ページにまとめるというのもありますね。ブログやフェイスブックにブックレビューを書く人も少なくありません。読書会などを開催して、口頭で他の人に伝えるということもあるでしょう。

もちろん、これらの手法はそれぞれとても有用で、効果も高いです。が、とても大きな欠点があるのです。それは、「面倒くさい」ということ。「本を読むことを仕事にしている」というレベルの人(研究者やジャーナリストなど)ならいざ知らず、ごく一般的な社会人である私たちには、効果が高いのはわかってはいるけど、正直なところハードルが高いのです。

かと言って、アウトプットしなければ忘れてしまうのも確か。

そこで、「考えうる、恐らく最も簡単なアウトプット方法」をお伝えします。本当に、とても簡単で、しかもしっかりと効果もあります。

それは、読んだ直後に「目次を見直し、自分にクイズを出す」こと。例えば、伊藤真氏の「夢をかなえる勉強法」という本を読んだとします。その第一章「いちばん大切なこと」にある「大量の問題をこなすのは最悪の勉強法」という見出しがあるのですが、その見出しに対して「なぜ大量の問題をこなすのは最悪の勉強法なのか?」と問いかけ、その答えを自分で考えるのです。ぱっと答えられれば理解できていますし、答えられなければ本文に戻って答えを探してくればいい。

「試験に出るのは二種類の問題しかない」という見出しのパートには、「その二種類とは?」とクイズにして自分で答える。

この方法のポイントは「読んだ直後に行う」ということです。読んでから時間が経ってしまうとどうしても忘れてしまうので、まだ記憶に残っている間に「復習」するのです。

もちろん、これで完璧に内容を覚えることができる、などとは言いませんが、それでも読んで読みっぱなしにするのとは雲泥の差があります。

この方法が優れているのは、「書く」必要がなく、どこでもいつでもできること。ブログでもツイッターでも書評でもノートでも、「書く」のが実はとても高いハードルになっているのです。だからこそ効果が高いと言えますが、それで結局アウトプットしなくなってしまう。それよりは、読んだ後に軽く目次でクイズをするという簡易なアウトプットを続ける方が結局のところ効果が高いのです。

Top